床面積と豊かさの関係~社長のブログ~ | 札幌野球グローブ スポーツコンサルティングショップ古内|札幌の野球グローブならスポーツコンサルティングショップ古内

LINEアイコンLINEからのお問い合わせ

× 閉じる

体育備品・消耗品のお見積り依頼はこちら

備品お見積り

BLOG & COLUMN

床面積と豊かさの関係~社長のブログ~

最近、私の尊敬する方がこんなことを書いていたので、シェアのつもりと、

私自身がしっかり心に留めておけるように記事を書きます。

==========

ドラマの演出でお金持ちの家と貧乏な家を演出するとき、

大きな違いが1つあるという。

 

その違いとは?

 

物の数

 

貧乏な人の家にはごちゃごちゃたくさんものを置き

お金持ちの家にはものを置かない。

 

それだけで、演出終了。

 

ドイツの心理学者が膨大な臨床データをもとに

「人の経済状態は、家の床面積に比例する」

とはっきり言っている。

==========

 

床面積というのは、単純に家の広さではなく、

「床が見える割合」のこと。

 

 

スポーツショップ古内でも、

床面積が広い状況の時と、床面積が見えない状況の時とでは、

売上というのは違うように思います。

 

そして、私たちが働いているデスクもそうです。

デスクの面積が広い状況を維持できている人は仕事が出来るし、

デスクの面積が狭い、デスクが書類で見えない、という人は仕事が出来ない

一見、

「仕事をたくさん受注しているんだなぁ」

と思えなくもないが、

 

ただ受注数に対しての処理ができていないだけ。

 

そういう人は

「探す」ことにも時間がかかる。

 

机がきれいな人は「探す」ことに時間がかからない。

すぐに見つかる。

 

受注したものを丁寧に処理するだけの

時間的な余裕、心の余裕が生まれる。

 

机の上がきれいになったなら、

机の中も見直してみよう。

 

そして、

パソコンのデスクトップも見直してみよう。

 

そして、

パソコンのフォルダも見直してみよう。

 

 

おそらく、

もっともっときれいになるのではないでしょうか?

 

 

 

 

面白いことに、

これはスポーツにもまるっきり当てはまる。

 

弱いチームは「整えられていない」ことが多い

身なりも整えられておらず、チームユニフォームの着方もバラバラ、統一感がなく、部室も残念ながら・・・

 

強いチームは「整えられている」ことが多い

ボールは向きまで合わせられ、しっかりと整頓されている。ユニフォームも統一感があり、部室も綺麗。

 

心の余裕があると、考えを巡らせることが出来る。

考えを巡らせることが出来るということは、「よりよく」を生み出せる。

「よりよく」を生み出せるということは、もっと強くなる。

そんな余裕を作るための空白を作りたい。