喜茂別でバット職人をしている金野健司さん | 札幌野球グローブ スポーツコンサルティングショップ古内|札幌の野球グローブならスポーツコンサルティングショップ古内

LINEアイコンLINEからのお問い合わせ

× 閉じる

体育備品・消耗品のお見積り依頼はこちら

備品お見積り

BLOG & COLUMN

喜茂別でバット職人をしている金野健司さん

先日、メディアでも紹介され、スポーツ新聞でも、地方紙でも、
あらゆるところで紹介されている
社会人女子野球チーム「ホーネッツレディース」の
指導者でもある金野健司さん。

 

 

北海道にバット工房が出来ただなんて、
野球選手たちからすると、まるで夢のようですね。

 

 

木製バットで戦う魅力は、
「全員が同じ素材」で戦うため、

本当に自分に合った形、重さ、バランスを選択して、
[自分とアイテムの意識が重なる時に、最も力を発揮してくれる]
というところにある。

 

 

木製バットは、残念ながら自然モノのため、折れることもよくあります。

そんな木製バット。
一本あたりは安いとしても、
やはり何本も買うとなると、出費はかさみますね。

 

この喜茂別で作られているバットは、
重さや形のオーダーが出来て、
それでいて1万円というのだから驚きの安さです。

 

 

ラインナップをまとめたりなど、
これからは野球選手たちがしっかりと選択出来るように
メニューを作らなければいけないことと思います。

これがどんどん広まっていけば、
喜茂別のバット工房がやがてバット工場になり、
バットを作りたい!という人が喜茂別でバット職人を目指し、
野球の普及と、雇用と、地域おこしにつながる。

夢が広がっていきますね!!

当店としても、大いに協力をして、広めていきたいところです!