うちのめされました-ストライクコラム82|スポーツコンサルティングショップ 古内

LINEアイコンLINEからのお問い合わせ

× 閉じる

体育備品・消耗品のお見積り依頼はこちら

備品お見積り

BLOG & COLUMN

うちのめされました-ストライクコラム82

こんにちは、古内克弥です!

いつもコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます。

 

今回は、私が打ちのめされた話をいたします。

しかし、この話は、おそらく私だけではないはず!!!と思いたい!(笑)

 

私のような38歳の中年と言われる年齢の方の場合半数以上の方が、

今回の話を聞いて、耳(目かな?)が痛くなったり、胸がズキンときたり

することがあるかもしれません。

 

それでもよろしければ、次の話をご一読ください。

 

==========
ヤキソバ弁当の話
==========

いきなりですけど、

ヤキソバ弁当は好きですか?

 

 

たったの3分で美味しい焼きそばが完成し、手軽にたくさんの量を食べられる。

スープまでついていて、流し込むのにも大活躍。

 

そんなヤキソバ弁当は北海道のソウルフード的な存在だと思っています。

 

 

私が大阪や東京に住んでいた頃、

ヤキソバ弁当が売っていなかったので、

代わりにペヤングソースヤキソバを食べていました。

 

ヤキソバ弁当を恋しく思いながらも、

ペヤングで妥協していました(ペヤングも美味しいですけどね)

 

 

さて、そんなヤキソバ弁当が大好きだったので、

30台前半まで、飲み会があるたびに、帰りは自宅の近くのコンビニでヤキソバ弁当とチューハイを買い、一人自宅で二次会(三次会))をしていました。

 

そうすると、

 

 

当たり前のように、どんどん太っていくわけです。

 

 

どんどん太り、

さらには歯も悪くなっていくわけです。

 

==========
歯の治療をしています
==========

体は太り、歯も銀歯が多く、スポーツショップの社長なのに特に定期的なスポーツをしているわけでもなかった私は、

 

現在、

体を絞り、銀歯を入れ替え、歯の治療を開始しています。

 

 

歯はとても大事です。

スポーツ選手で、歯が弱いと、力が入りづらくなります。

わざわざマウスピースをしてプレイする選手がいるのは

その噛む力をプレイに連動させて、

 

「フルパワーを発揮させやすくする」

ためにやっています。

 

 

もしもあなたも、歯並びがいい方ではなかったなら、マウスピースをしてみてください。

マウスピースをしている時としていない時との力の差に驚くことでしょう。

 

本格的に作るなら、やはり歯医者さんに行かれるといいとは思います。

が、既製品としては以下のようなものもございます。

【ショックドクター】マウスガード

 

 

私の場合は、特にフルパワーを発揮してスポーツすることはほぼありませんので、

普通に歯の治療をしております。

 

 

銀歯が上下にあると、電気が発生して脳にもよろしく無いと聞きました。

本当かどうかは研究者では無いのでなんとも言えませんが、

やはりニコッと笑ったときは、白い歯の方がいいかなと思い、

銀歯を外しております。

 

==========
ここからはグサッときます
==========

歯の治療をしていることで、とても歯の調子がよくなっている私。

 

 

体の調子が良くなってきていることをいいことに、

先ほどのヤキソバ弁当のストーリー(一次会でバカ食い、二次会でバカ飲み、一人三次会でヤキソバ弁当&チューハイ)を赤裸々に、しかしまるで武勇伝のように妻に話していましたら

 

 

 

「あなたは、わざわざお金を払って不健康になり、

今はその不健康を取り戻すために、お金と時間を使っているのね」

と一言・・・。

 

 

手を叩いて大笑いしました(笑)

 

 

胸にグサッときたのは間違い無いのですが、

あまりにも見事に核心をついていたので、

爆笑するしかありませんでした。

 

 

あなたは、健康にどのくらい価値を感じていますか?

 

「足るを知る」という言葉のように、

健康を維持するためには、自分のリミットを把握して、十分な量の中で抑える必要がありそうです。

 

コロナ感染者が増えているなど、色々とニュースがありますが、

それよりも大ごとになっているニュースが私自身の中に存在していました(笑)

 

 

もしも心あたりのございました方は、

この文章を読んで変わるチャンスです。

 

 

 

大食いが許されるのは、

選手だった時までがリミットかもしれません。

 

=========

今回のコラムはいかがでしたか?

 

兎にも角にも、健康というのは、

人生において最も大切なカテゴリーだと思います。

 

私が健康に目を向け出したのは、

35歳になってやっとのことでした。

 

いつまでも健康でいましょう。

元々私たちスポーツショップというのは、健康づくりのサポートのために、効果的なアイテムを販売しております。

または、お客様が実現したいことへの早道となるよう、便利なアイテムを販売しております。

スポーツにエンターテイメントを感じられるのも、健康あってこそ。

 

健康でいましょうね。

 

 

今回も、最後までお読みくださいまして、ありがとうございました!